FC2ブログ

山幸祀る 青島神社


鹿児島神宮と同じく。
彦火火出見尊(山幸彦)と妻・豊玉姫を祀る青島神社
南国の青空&Good locationな稀有な神社

20200113_P1133027.jpeg


キャンプ初日に巨人軍が訪れることで知られる青島神社
最近は、宮崎到着後。宮崎神宮での必勝祈願が放送されがちだが。
昔電波に乗ってたのは青島神社ばかりだったって記憶。

20200113_IMG_2500.jpeg


観光列車、「海幸山幸」なるものも。

20200113_IMG_2499.jpeg


観光客が多数利用するものの、意外にもJR青島駅は無人駅。

20200113_P1132935.jpeg


駅前にある、青島神社御祭神の埴輪に。

20200113_IMG_2498.jpeg


もう一つの観光の目玉、鬼の洗濯板。

20200113_P1132932.jpeg


参道右手のゴツゴツの岩肌のことね。

20200113_P1132937.jpeg

20200113_P1132944.jpeg

20200113_P1132948.jpeg

20200113_P1133007.jpeg

20200113_P1132941.jpeg


鬼の洗濯板は、”国指定天然記念物”なんだけど。
もっと凄いのが、左に書いてあるビロウの森。
”国指定特別天然記念物”ってのは、なかなか簡単に遭遇できない。
植物では全国で30。全カテゴリでも75しかないもの。
個人的にも、尾瀬、日光杉並木街道、春日山原始林、羽黒山杉並木とこれで5件目。

20200113_P1132943.jpeg

20200113_P1132953.jpeg

20200113_P1132961.jpeg

20200113_P1132965.jpeg


ちなみに、御祭神は山幸彦夫妻と塩筒大神。
塩筒大神はいわゆる”シオツチノオジ”(塩椎神・塩土老翁)。

20200113_P1132958.jpeg


海幸彦から、失くしてしまった釣り針を返せと責められた弟・山幸彦。
その山幸に海神の宮へ行くことを勧めた知恵の神様である。

20200113_P1132969.jpeg

20200113_P1132972.jpeg


塩土老翁は、鹽竈神社の御祭神としても知られるが。
・武甕槌大神、経津主大神は、塩土老翁の先導で、諸国を平定
・瓊瓊杵尊が笠狭崎に至った際、事勝国勝長狭神(塩土老翁と言われる)が登場。
 ニニギに自分の国を奉った。
・塩筒老翁が東に良い土地があると言ったことから神武天皇は東征を決意した。
などなど、いろんな場面に登場する神様である。いずれも”導きの神”ってとこだろうか。

20200113_P1132973.jpeg

20200113_P1132975.jpeg

20200113_P1132980.jpeg


本殿右手が、元宮への道でして。

20200113_P1132982.jpeg

20200113_P1132983.jpeg

20200113_P1132985.jpeg

20200113_P1132988.jpeg

20200113_P1132990.jpeg


すぐに到着。
元宮はちょうど青島の中心に位置し。
特別天然記念物のビローに囲まれてる。

20200113_P1132998.jpeg

20200113_P1132991.jpeg

20200113_P1132992.jpeg

20200113_P1132994.jpeg

20200113_P1132997.jpeg


なお、参道入口に宮崎駅からのバス停留所があるんで。
本数の点でも、そちらの方が便利みたい。

20200113_P1133012.jpeg

20200113_P1133023.jpeg






 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。資格試験でたどり着きましたが、多才でびっくりです。
勉強しながらあちこち旅もされてて羨ましいです。
私は福岡在住なので九州内でしたらちょこちょこ旅行するのですが、
天孫降臨の地としては霧島と別に、高千穂町もおすすめです!
神宮ではないけど、天岩戸神社は本当に神秘的で素晴らしいのです。特に早朝。
対馬にも国指定特別史跡があるので行ってみてほしいです。
ブログ拝見して私も旅に出たくてうずうずしてきました。
ブログ参考に九州内からせめてみます〜。

Re: No title

ご覧いただきありがとうございます。
実は高千穂町も候補だったんですが、史実的には?なんで。五神宮の英彦山神宮を選択しちゃいました。
壱岐・対馬も特別史跡の金田城跡・原の辻遺跡がありますから、いつかは訪れるつもりです。
ただ、このコロナ禍で。1月の九州周遊後は、東京から一歩も出ていないという塩梅でして。
鍋島報效会 徴古館の催馬楽譜公開(〜7/25)も行けそうにありません。
早くコロナが収束しますように。