fc2ブログ

所沢 多聞院の紅葉 2022


初めての訪問なんだけど。
色彩豊富で、此処の紅葉も素晴らしい。

20221122_PB220311.jpg


新座の平林寺がちょっとだったんで。
否、最初から今後セットで訪問しようかと計画してた、所沢の多聞院へ。
平林寺からは9km位で、ダンプが多いな。

20221122_PB220181.jpg


多聞院は真言宗豊山派(総本山は奈良長谷寺)の寺院で、本尊は大日如来。
でも、正面に見えるのは毘沙門堂なんだよね。
で、その本尊の毘沙門天像は、かつて武田信玄の守り本尊であったらしく。
12年に一度寅年の5月1日に御開帳されるらしい。
が、実は今年だったっという残念なお話。

ところで、参道の両脇を飾るドウダンも見事です。

20221122_PB220185.jpg
20221122_PB220194.jpg


で、毘沙門堂でお詣りしようと歩を進めると。
その手前で、左へと誘われる。

20221122_PB220198.jpg
20221122_PB220203.jpg20221122_PB220204.jpg
20221122_PB220200.jpg


柵のこちらがわは神明社(別名、いも神様)。

20221122_PB220209.jpg
20221122_PB220212.jpg
20221122_PB220215.jpg
20221122_PB220237.jpg


能舞台に、ちいさな天神さんの祠に。

20221122_PB220224.jpg
20221122_PB220234.jpg


楓と銀杏が同時ピークで見れるのも珍しい。

20221122_PB220227.jpg
20221122_PB220240.jpg


再び多聞院。

20221122_PB220266.jpg
20221122_PB220269.jpg


毎回復習する例の奴。
南天:実がブドウの房のように垂れ下がるのが特徴
千両:実が上向きに付くのが特徴
万両:サクランボのように2つセットで垂れ下がるのが特徴
「南天ブドウに万サク」と覚える。ということで、南天。

20221122_PB220272.jpg


毘沙門天だけに、狛犬ならぬ狛虎。

20221122_PB220276.jpg
20221122_PB220292.jpg


で、境内を埋め尽くす、ちっちゃい虎は。
参拝者が奉納する身代わり虎っていうらしい。おひとつ、¥300。

20221122_PB220274.jpg
20221122_PB220353.jpg


当時、川越藩主だった柳沢吉保による創建と書いてある。
毘沙門堂は、1766年(明和3年)竣工で、江戸中期の建築物。

20221122_PB220299.jpg
20221122_PB220303.jpg


毘沙門堂の背後。

20221122_PB220326.jpg
20221122_PB220331.jpg
20221122_PB220338.jpg


渡り廊下で本堂と繋がってる。

20221122_PB220342.jpg
20221122_PB220365.jpg


こちらが本堂か。

20221122_PB220367.jpg


アジサイ?!に。

20221122_PB220374.jpg


庫裏?には菊。

20221122_PB220376.jpg
20221122_PB220377.jpg


六地蔵ならぬ笠地蔵。左端だけ、何故かタオル。

20221122_PB220380.jpg


なんかいろんな物があるけど。

20221122_PB220389.jpg
20221122_PB220390.jpg


何にもまして紅葉が素晴らしい。

PB220392.jpg
PB220395.jpg


公共交通機関だと、西武新宿線で航空公園駅か新所沢駅で下車。
ところバス北路線(富岡循環コース)乗車「多聞院通り西」下車 徒歩5分 。

20221122_rosen-tomioka.jpg


時刻表は所沢市のHPを。
新所沢駅までは約5km。
5月1日の虎まつりに、同時期の牡丹も有名だとか。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント